ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

コロナ禍を機に、会社がフルリモート勤務になってよかったこと・困ったこと

以前からよく利用していたリモートワークですが、このコロナ禍を機に*1会社がほぼフルリモート勤務になりました!(∩´∀`)∩ワーイ

7月に2度目の育休から復帰。フルリモート生活になって1ヶ月が過ぎたので、感じたメリット・デメリットを書いてみたいと思います。

↓以前書いたリモートワークのメリデメはこちら↓

www.yururito.net

フルリモート勤務になってよかったこと

みんなリモートだから変な気を遣わずに済む

コロナ前は「最低週1回は出社する」という制約があり、リモートワークしている人の大多数は週2日程度。私を含め、週4日リモートは少数派でした。

リモートの自分のために会議室からWeb会議を繋いでもらう、出社しているメンバーにリモートでできない作業を代行してもらうなど、多少リモート故の申し訳なさを感じる場面もありました。

しかし今は原則リモートワークとなっているため、出社する人の方が少数派に。どの部署の人とも、皆リモートであることが前提で話が進むのでスムーズ。設備・環境面も整備されて、リモートでできないことはほぼ無くなりました。

www.yururito.net

以前この記事で書いたリモートワークの障壁が、現在全部クリアになっていて快適この上ないです…!

通勤が無いので時短勤務を解除できる

家から会社まで片道1時間以上かかるうえ、保育園2箇所の送迎もあるので移動だけでかなりの時間を要します。それがフルリモートによって出社不要になり、身体的負担が軽減*2されます。

これまでは、出社だと保育園のお迎えに間に合わないという理由で時短を取っていました。でもフルリモートならばお迎えに間に合うので、時短解除して*3フルタイム勤務に戻すことも夢ではありません

※ただ、現時点ではまだ時短勤務です。次女がまだ1歳未満のうちは時間外保育が利用できず、お迎え時間が早いためです。

リモートワークの利点を毎日享受できる

前に書いた記事とかぶるので箇条書きにしますが、

  • リラックスして仕事できる(好きな格好・場所・BGM)
  • 周りのノイズが少ない
  • 独り言言い放題
  • トイレが混まない
  • ちょっとした合間に家事ができる
  • 宅配便を日中受け取れる

といった利点を毎日享受できます。

フルリモート勤務になって困ったこと

昼休みに充分休めない/食が雑になる

会社の昼休みは1時間。時刻は一律ではなく、それぞれ都合のいいタイミングで12時〜14時の間に1時間休みをとります。

フルリモートになってもそこは変わらないのですが、徒歩圏内に飲食店があまりなく、食事を自分で用意するためにそれなりに時間を取られてしまいます。さらに昨晩の積み残した家事があればなおさら昼休みは短くなります。

自炊の時間が勿体なくて、ついついコンビニ弁当やカップ麺で済ませがちです。

twitter.com

ブログを書く時間がない

あくまで私の場合なのですが、フルリモートになると家事育児と仕事が切れ目なく続くため、隙間時間がほとんどなくなります。

通勤という最大の隙間時間が失われたことで、ブログ執筆時間がますます減ってしまいました。いかに自分が通勤電車の中でブログを書いていたか思い知りました…

そして昼休みも出社時より短いため、食べながら書く時間もあまり取れず、軽いストレスを感じています。

片方だけフルリモートだと家事育児の負担が偏る

2人の子供が別々の保育園になることは元々わかっていました。なので送迎については、旦那と私でそれぞれ分担するつもりでいました。

しかしながら次女の保育時間の関係で予定が狂い、私が最大限時短をとる+出社時は時間休を充てるという対処でなんとかお迎えに間に合わせることに。

会社がタイミングよくフルリモートになってくれたおかげで時間休消費は免れたものの、結局朝も夕方も私が1人で2園を廻っており、帰宅後の一番忙しい時間*4もそのままワンオペで回さざるを得ません。

旦那の会社は緊急事態宣言時のみリモートワークを導入していたものの、明けたと同時に制度廃止。2人ともリモートワークだったら分担もできたのに、こうして片方だけフルリモートだとどうしても融通が利く方に負担が偏りがちです。

まとめ

フルリモート勤務で感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

個人的には圧倒的に利点が多いんですが、ブログ執筆時間が減ったのは地味に痛いです…

*1:おそらく、社員の感染予防だけでなくオフィス賃料削減もしたかったのかなと思います。

*2:とはいえ、2箇所の別園送迎だけでもかなりグッタリですが…

*3:以前は前述の「週1出社ルール」があったため、リモート時は定時で働いていても時短解除ができませんでした。

*4:我々が帰宅した17:30頃に旦那が退勤するので、1時間半ほどのワンオペタイムが発生します。