ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

「セーラームーンミュージアム(第1期)」レポ︰展示も撮影可能エリアもパワーアップ!

あいにくの曇天

「セーラームーンミュージアム」ついに行ってまいりました!6年前の「セーラームーン展」からかなりパワーアップしていて、幸せ空間でした。

www.yururito.net

今回は第1期(7/1〜9/4)の内容についてレポートします。

開催概要

sailormoon-museum.com

会期第1期:2022年7月1日(金)〜2022年9月4日(日)
第2期:2022年9月10日(土)~ 2022年11月6日(日)
第3期:2022年11月12日(土)~2022年12月30日(金)
10:00〜18:00
場所六本木ミュージアム
チケット前売券︰一般2000円/高校・大学生1200円/小学生600円
当日券︰一般2200円/高校・大学生1400円/小学生800円
障碍者半額、未就学児無料
公式Twitterセーラームーン ミュージアム (@sailormoon_ex) / Twitter

混雑緩和のため、チケットは日時指定の事前予約制。当日券はあれば出る感じです。

麻布十番での開催

今回の会場は六本木ミュージアム。六本木駅からも麻布十番駅からも徒歩10分くらいのところにあり、東洋英和女学院の真向かいです。ここはレイちゃんの通うT.A.女学院のモデルとして有名ですね。

向かい側には東洋英和女学院が見えます

六本木駅周辺にはみつかりませんでしたが、麻布十番駅周辺にフラッグがありました。

麻布十番駅前や商店街のあちこちにフラッグを発見

ジ アレイのコラボドリンク

うさぎとちびうさの可愛い看板もあります

建物の外にはタピオカドリンクで有名な「ジアレイ」のフードトラックがあり、うさぎとちびうさのコラボドリンクをテイクアウト販売しています。

カフェテーブルも数台あり、ここは展覧会チケットなしで気軽に購入できます。

展示について

館内見取り図

物販、カフェも含めた館内の見取り図はこんな感じでした。

物販周りはうろ覚えだけどだいたいこんな感じ

特に本展描きおろしの原画(図の紫部分)は特に大きく展示されており、見ごたえ抜群でした。

ほとんど全部撮影可能

公式サイトには「一部の展示エリアは撮影可能」と書かれていますが、実際は以下の3箇所を除きほとんど全部撮影可能なんです。なんという大盤振る舞い…!

  • セーラー・プリズム・シアターのスペシャルムービー
  • アニメ展示コーナーの動画撮影(静止画はOK)
  • セーラー・クリスタル・ギャラリー(過去の原画が飾られたエリア)

なのでめちゃくちゃたくさん撮影したのですが、この記事で全部出すのはちょっとネタバレが過ぎるので、あくまで一部にとどめますw

各展示の感想

シアターに続く時空の扉

ここからは展示内容の感想を。今更ながらネタバレ注意です。フロア名は公式Twitterの表記を参照しています。

描きおろし原画

最初にお目見えする描きおろし原画

受付を済ませると案内される部屋。ここは壁がガラス張りなので、建物の外からでも見ることができます。

本展描きおろし、タキシード仮面のような赤いマントを纏ったセーラームーン。間近で見ると迫力がすごいです。

没入型体験シアター「セーラー・プリズム・シアター」

「時空の扉」の前で待機し、何人か集まると通されるのがここ。大きなスクリーンの前には、5戦士のアイテムが飾られています。

セーラー・プリズム・シアター(上映前)

DALI「ムーンライト伝説」とともに流れるスペシャルムービー。90年代アニメのシーンダイジェストで、10戦士が登場していました。

ムービー終了後は完全版表紙イラストの5戦士が代わる代わる映し出されます(ここは撮影可能)。原画だけでなく、レーザーなどのエフェクトがひらひら、キラキラとして眩いです。

ジュピターのときは稲妻エフェクトが出ていました

ホログラム原稿展示「セーラーガーディアンズ・ヒストリー」

原作漫画コーナー。第1部〜第5部のあらすじと名場面がぐるりと四方を取り囲み、まるで走馬灯のよう。ホログラム加工なので写真は撮りづらいものの、キラキラした名場面を見ていると、それだけで幸せな気分になれます…

みんな大好き(!?)美奈レイのシーンもありました。

第5部の美奈レイは人気シーンの1つ。

アニメ展示

「セーラームーンR」「セーラームーンS」のパネル

次はアニメの部屋。90年代(無印、R、S、SuperS、スターズ)、Crystal、Eternal、そしてCosmosのパネルがずらりと並びます。

ここには佐藤順一氏の無印OP、幾原邦彦氏のちびうさ初登場シーン、庵野秀明氏のウラネプ変身バンクといった貴重な絵コンテが展示されており、なんとそれらも撮影可能。

パネルの上部は見づらいものの、絵コンテに書かれた細かなメモをじっくり読めて楽しかったです。

グッズ展示

隣はグッズの部屋。ここに6年前の「セーラームーン展」で展示されたキング・エンディミオンとネオ・クイーン・セレニティがいます。

6年ぶりの再会

放送当時のおもちゃから、ここ数年で販売されたコレクションアイテムまで、ガラスケースに陳列されています。足元の銀色ラインを超えて近づくと係員に注意されます。

グッズ展示フロア

このコーナー名の字体…当時のおもちゃのパッケージと同じなんですよね…。私は当時のおもちゃはあまり買わなかった*1のですが、それでもこの字体にはグッとくるものがありました。

コラボウエディングドレスの数々

マリアローザのコラボドレス展示も。間近で見るとますます着たくなります(あと10年早くコラボしてほしかった…!)

www.mariarosa.co.jp

www.arcenciel-g.jp

衣装展示

舞台衣装展示

他の部屋に比べ比較的小さめですが、舞台衣装が展示されています。片側はバンミュ、もう片側はネルミュやそれ以降のもの*2と思われます。

ネルミュ、スパライ、SMT、乃木ミュ、かぐや姫と一部の舞台ポスターも並んでいました。

原画「セーラー・クリスタル・ギャラリー」

twitter.com

いよいよ原画展示コーナーへ。なかよし表紙&扉絵の集合までは撮影可能、そこから先は撮影不可です。

ここが会期によって総入れ替えになるところです。今回は第1部・第2部の原画のみが飾られていました。原画集Ⅰ・Ⅱを何度も見てるので知っている作品ばかりですが、やっぱり間近で生の原画を見るのは良いもんですね…

描きおろし原画

そして最後は本展描きおろし*3のコーナー。ここは撮影可能です。

外壁の集合イラストの10人それぞれが描かれたものは大きくて写真に収めにくいので、サターンソロショットをパシャリ。

描きおろしセーラーサターン

ムーンスティック片手に微笑むセーラームーンも圧巻でした。

キービジュアルにもなっている描きおろし原画

グッズについて

今回のグッズは原画のものがそれほど多くない(※1期序盤時点では)と思います。

グッズのクリアファイルやポストカードなどは第1部・第2部の原画からピックアップされているので、2期・3期になったらラインナップ変わりそうだなぁと思いました。

あと、30万・44万のネオンサイン実物が展示されていましたw 思ったよりでかめでした。デザイン可愛いし飾ったらすごく映えるけど…お値段…。。

転売対策しっかりしてた

6年前はグッズ販売におけるグダグダぶりが酷かったので今回はどうなることかと思っていたのですが、転売対策バッチリで安心して利用できる物販でした。成長した…!!

twitter.com

アクスタは10個まで買える

そしてSDキャラが可愛い原画アクスタ。ブラインドで最大10個まで買えるので、陳列棚のあちらこちらから抜き取って10個購入しました。結果はダブり4個でまずまずです。

限定ムビチケは現金払い

twitter.com

「劇場版美少女戦士セーラームーンCosmos」の前後編ムビチケカードを会場で限定販売しています。

1人2枚まで購入可能で、支払いは現金払いのみ。普段現金持ち歩かない人は要注意です。

カフェについて

5人のバニー姿がかわいい

カフェの待機列は2つあり、椅子のある方がより先頭です。立って並ぶ方(第二列)から椅子のある方(第一列)に移る際にメニュー表とオーダーシートが手渡され、入店時にオーダーシートを渡して前会計します。

1期のカフェメニュー

メニューも内部+ちびうさな感じなので、2期・3期でラインナップ変わりそうな気がしました。

席は室内席の他にテラス席があり、テラス席の方が早く通されることもあります。

ちなみに私は日曜の17:25に第二列のほぼ先頭に並び始め、18:10頃入店しました(45分待ち)。

内装はわりとシンプルで、壁にバニー姿の装飾がある程度。テーブルや椅子などもごく普通のカフェレストランって感じでした。

twitter.com

月にかわっておしおきオムライス、これだけだと食べ足りない。。もう1つフードを足す余裕はあったかもしれません。

twitter.com

セーラー戦士のペアソーダフロートは今後外部ペアも出てくるのかしら?

まとめ

セーラームーンミュージアム、まさかこんなに撮影可能エリアが多いと思ってなかったのでびっくりでした。

  • 展示︰60分
  • 物販︰20分
  • トイレ休憩など︰10分
  • カフェ︰待機45分/滞在60分

16時回に行きましたが、トータルで3時間くらいいましたね…だいぶのんびりさせてもらいました。

2期と3期も楽しみです。どのくらい展示変わるかなぁ。グッズとカフェも変わりそうな気がしますが…

*1:カードや書籍を中心に集めていて、玩具に興味はなかった。せいぜい着せ替えドールくらいだった。

*2:こっち側は特に説明がないので、どの舞台の衣装かはわからない…少なくともエタムンはアムエタだろうけどw

*3:エターナル10戦士が輪になっている絵(なかよし1996年12月号扉絵)だけは既存絵ですが、便宜上描きおろしコーナーと呼ぶことにします