ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

ゆるりとねっと。

#名もなき家事 の可視化「家事育児分担表」を書いてみた #復帰後の我が家の役割分担・スケジュール

職場復帰系記事第2弾、今回は夫婦の家事育児分担を可視化してみたというお話です。

f:id:tomo-sankaku:20180221003224p:plain

育休中、ふと思ったこと 

フルタイム正社員の共働き夫婦ですが、私が子供を産み育休生活に入るとほとんど専業主婦状態。仕事をしていないうちはそれでもなんとかこなせていましたが、復職後もこの状態だったら…と不安をおぼえ始めました。

 

▼その後、復帰に向けて生活スタイルを変えていった話はこちらを参照

www.yururito.net

家事育児分担表を書いてみた

復帰前後比較(復帰前:娘0歳 vs 復帰1ヶ月後:娘1歳2ヶ月)

復帰して間もないころ、Twitterでこの記事が話題となりました。

TL上のパパママがこぞって書いていたので私も復帰前後比較を書いてみました*1

私は元々かなりズボラなところがあるのですが、書き出してみると意外と色々やってたなぁと我ながらびっくりしたのを覚えています。

 AERA版(復帰4ヶ月後:娘1歳5ヶ月)

その後、AERAでも家事育児分担に関する記事が公開されました。

で、タスク表はダウンロードして書けるのでチェックしてみたところ…

▲ピンクが私、ブルーが旦那がやっているタスクです。

復帰前に比べると、2人とも対応できるタスクは増えていました。(この表に無いものもありますが)

書いてみてよかった点

  • 自分の現状把握ができる
  • 夫婦間でタスク総量の認識合わせができる
  • 現状を踏まえた改善提案がしやすい
  • 目に見えにくいタスクの存在を可視化できる(所謂「名もなき家事」)

復帰前後で変えたこと

全部1人で抱え込むのをやめた

産前は23時帰宅がザラだった旦那は、産後は多少帰宅が早くなったとはいえ21時前後。育児時間のピークは過ぎていました。

決して完璧主義ではない私でさえ、育休中は乳児育児のあらゆるタスクに翻弄され、気づくと色々一人でやっていました。

復帰に向けて夫婦で見直しをした際、子供を食べさせ寝かせることを最優先にして、役割を固定せず手が空いている方がタスクをこなすやり方を目指すことにしました。

もちろんどちらかの帰宅が遅い場合はワンオペで回すことになりますが、後回しにできるタスクは無理に今やらないなどタスクの取捨選択をしました*2

毎日しなくても支障ないタスクは余裕のあるときだけやるようにした

帰宅後の主なタスクは食事準備・風呂準備・食事・風呂・寝かしつけ・後片付け・明日の準備ですが、毎日しなくてもいいこと(究極は食事・睡眠以外ですねw)は思い切ってやらないか、頻度を下げることにしました。

我が家の場合は調理頻度を下げ時々惣菜を買うとか、掃除は汚れが気になるレベルになるまでやらない*3とかですね(^o^;

まぁそれによる弊害も生まれはするのですが、双方の許容範囲内で手を抜くようにしました。

互いに不満を溜めないようにした

「平日は2人で分担してるけど、休日はなぜか私ばかり負担している気がする」

ある日ふとこんな不満が募りました。

初めはそれでも気にせずにいましたが、同じようなことが続くとだんだんイライラします。そうなると精神衛生上よくないので、うちでは割と単刀直入にツッコミを入れていますw

ため込んで爆発する前に、小出しにして都度問題提起をし合いました。

どう分担するかは臨機応変に

家事育児の分担は、夫婦で半々にすることが正解ではありません。それぞれの家庭によってベストな割合は異なってきます*4し、状況に応じても日々変わっていくものだと思います。

大切なのは今どんなタスクがあるかを把握し、何を優先して何を妥協するのか、お互いが納得しあった上で都度決めていくことなんじゃないかなぁと。その一助として、このようなタスクの可視化は有用だなと思いました。

 

▼その他、復職準備系の記事はこちら

仕事-復職 カテゴリーの記事一覧 - ママはゆるキャリ!

*1:このころ卒乳間近だったこともあり、「育休中」の表に「授乳」を書き忘れました。。

*2:ですが、これで毎回上手くいっていたわけではなく、後回しにしたばっかりに自分の首を絞める結果になることもありました。。

*3:これでも育休中は毎日軽くフロア掃除してたんですよ…今や信じられないw

*4:さらに言うと、専業だから・兼業だから・どちらが多く稼いでいるからというような夫婦間の収入差を引き合いに語られるべきものでもないとも思います