ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

レイクタウンアウトレットで娘スケート初挑戦。樹脂製スケートリンクで4歳から遊べます

4歳の娘は「HUGっと!プリキュア」が好きで、その登場人物の1人・輝木ほまれの影響を受けてスケートに興味を持っていました。

「スケートやってみたい」「冬になったらね」と口約束を重ねていたのと、旦那がマイカーを購入し家族の行動範囲が広がったこともあり、とうとう実際にやってみることに。

いくつか候補がありましたが、越谷レイクタウンのレイクタウンアウトレット内「わくわくスケートひろば」へ行きました(あとで服も買いたかったのでw)。

レイクタウンアウトレットへのアクセス

イオンレイクタウンは「kaze」「mori」「アウトレット」の3つのエリアから成る巨大ショッピングモールです。

「わくわくスケートひろば」開催概要

f:id:tomo-sankaku:20190307031118j:plain
「空の広場」のスケートリンク

場所レイクタウンアウトレット1階 空の広場
開催期間2018年12月1日〜2019年3月10日
※2019年1月6日以降は土日祝のみ
営業時間11:00〜19:00(最終受付18:20)

https://laketown-outlet.jp/news/event/739laketown-outlet.jp

利用料金

子供
(4〜12歳)
大人
(13歳以上)
親子ペア
700円 900円 1400円

貸靴込みの料金。ヘルメット貸出無料。
土日祝は30分制で、延長は10分100円です。

装備について

  • レンタル品
    • スケート靴
    • ヘルメット
    • プロテクター(肘/膝)
  • 販売品
    • 手袋(200円)
    • 靴下(200円)
    • ニット帽(300円)

特に手袋・靴下は着用必須なので、持参するとよいでしょう。

我が家は出かける直前、娘の手袋が片方みつからず*1現地で購入することになりました(^_^;)

スケートリンクについて

本物の氷ではなく、「パネルリンク」と呼ばれる樹脂製リンクです。

パネルリンクは氷ほど滑らないので子供や初心者に向いています。

「わくわくスケートひろば」でスケートデビュー

家や保育園でずっとスケートの真似事をしていた娘を連れて、車でレイクタウンへ。

f:id:tomo-sankaku:20190307031417j:plain:w200
案内板。どうやら毎年恒例のようです

レイクタウン自体がとても広くて迷いそうですが、アウトレット側へ進むとスケートリンクが見えてきました。

受付(支払いと署名)を済ませ、ロッカーに預けていざ準備。

f:id:tomo-sankaku:20190307031451j:plain
ドキドキワクワク

娘、リンクに立つ!

f:id:tomo-sankaku:20190307031514j:plain
スケートデビューの瞬間

私(滑れない)は自分のことで精一杯なので、娘の対応は全て旦那(多少滑れる)に任せていました。

娘は旦那と手を繋ぎ順調に滑っていましたが、やがてドスンと尻もち。一度コケるとまた滑って、を繰り返しますがなんとか持ち直します。

私とも一緒に何周か滑りましたが、30分もしないうちに「もういい(´ . .̫ . `)」とリンクから降りていました。

パネルリンクは氷に慣れてる人には物足りないらしい

一方、私はというとなんとかコケずに滑って(歩いて?)いました。

氷より滑らないので、両手を離してもまあまあ平気でした。(氷のリンクの場合、縁から手を離せませんが…)

多少滑れる旦那にとっては、パネルリンクは物足りなかったようです。

ほまれちゃんの凄さを感じた娘

30分遊んで、娘曰く「すっごく難しかった!」とのこと。

twitter.com

氷上を滑りながら演技する、ほまれちゃんは凄い!と娘なりに感じたようでしたw

*1:後日、おもちゃ箱の中から発見されましたw