ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

ミュージアム開催記念!2016年の「美少女戦士セーラームーン展」を振り返る

2022年4月28日のセーラームーン30周年記念特番(YouTube)にて、「美少女戦士セーラームーンミュージアム」の開催が発表されました!

sailormoon-museum.com

会期は7月1日〜12月30日まで、3期に渡って内容を入れ替えながら展示。セーラームーンの展示会としては過去最大規模だそうで、生の原画を美しい状態で見れるラストチャンスとのこと*1

そんなミュージアム開催を記念して、6年前に開催された展覧会「美少女戦士セーラームーン展」について当時の写真とともに紹介します。

美少女戦士セーラームーン展(2016年)

開催概要

会期2016年4月16日(土)〜2016年6月19日(日)
10:00〜22:00
※カラー原画の一部入替あり(後述)
場所六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
チケットオリジナルグッズ*2付 プレミアム前売券︰2800円
スペシャル前売券*3:一般1800円/高校・大学生1200円/4歳~中学生600円/シニア1500円
当日券:一般1800円/高校・大学生1200円/4歳〜中学生600円/シニア1500円
公式Twitterセーラームーン ミュージアム (@sailormoon_ex) | Twitter*4

公式サイトのWebアーカイブはこちら。

web.archive.org

開始から1ヶ月足らず(5月11日)で来場者数10万人突破。

期間中の来場者数はのべ33万人、売上は約6億円という驚異の数字を叩き出しました。

六本木で開催

展覧会会場となった六本木ヒルズは、セーラームーンの聖地・麻布十番のほど近く。麻布十番駅前や商店街には、セーラームーン展のフラッグ*5がありました。

麻布十番や六本木の街中にあったフラッグ

六本木駅構内や六本木ヒルズにつながる通路にもキービジュアルの看板が。

六本木駅構内のパネル

六本木ヒルズ敷地内の柱もデコレーションされておりました。

六本木ヒルズ内の大きな柱

ちなみに、今年の「セーラームーンミュージアム」は六本木ミュージアムで開催されます。ここは六本木ヒルズよりも麻布十番寄りなので、帰りに聖地巡礼するのもよいかもしれません。

内覧会(スペシャルプレビュー)

開催前日である2016年4月15日(金)には、スペシャルプレビューという内覧会を開催。チケット料金はドリンク1杯つきで4000円でした。

なんと公式の動画が今も残っていました。オープニングイベントには若槻千夏さんがいらしたそうですね。


セーラームーンにちなんだものを身につけるよう指示があったため、私は伊勢丹コラボのワンピースを着て仕事帰りに参戦しました。

一足先に展示を見ることができてとても嬉しかったのを覚えています。また、原画コーナー入口には武内先生が書いたサインもありました。

武内先生の直筆サインも!

内覧会でもグッズ販売を行なっていました。しかし、内覧会中に早くもグッズの一部が完売するという事態も。。グッズに関しては後述しますがかなり混乱をきたしていました。

ちびうさカフェでは5戦士のドリンクのみ実際に提供されていました。他のメニューに関しては見本ディスプレイのみ。本来はグラスですが、内覧会ではプラスチックコップでの提供でした。

ちびうさカフェでドリンク1杯サービス

今年の「セーラームーンミュージアム」でも内覧会が6月30日にありますが、私は見事に落選しました。。

トークショー「セーラームーンの宇宙」

会期中の5月22日には、六本木天文クラブが特別企画を実施。

twitter.com

「セーラームーンの宇宙」と題し、セラクリのシリーズ構成・小林雄次氏と天文学者・松本尚子氏によるトークショーがアカデミーヒルズで行われました。

チケットは2500円(年パス所持者1000円)。イベント参加者はセーラームーン展にも入場できました。

otapol.com

ナイトツアー

また、会期中の6月2日・9日には「おさBUと行く!セーラームーン展ナイトツアー」を開催。

twitter.com

6月2日はFC会員のみ、6月9日は一般も対象に抽選で選ばれた各60名が参加しました。FC枠は無料招待、一般枠は通常のチケット料金がかかります。私は落選したのでこちらには参加できませんでした。

natalie.mu

年間パスポート

最強アイテム・年パス

会期中*6は六本木ヒルズの年間パスポートがセーラームーン展仕様に。6000円で1年間入り放題。しかもスカイデッキ(500円)もこの年パスで入れるので、セーラームーン展を観たあとにちょっと上空の風に吹かれてから帰る…なんてこともできたのでした。

この年パスは持ってて損はなかったです…!年パスで5回入ったので確実に元はとったと思いますw

  • ヒルズ~展示会場入口までほぼ待ち時間なし
  • ちびうさカフェ1割引

東京シティービューに行くための受付が3階にあるのですが、ここが入場を待つ人達*7で連日長蛇の列をなしており、六本木ヒルズに入ってからセーラームーン展の入口に到達するまでかなりの待ち時間があります。ですが、年パス所持者はこの長い列を横目にスーッと別の専用受付にたどり着くことができるのです。まさに神アイテムでした。

今年の「セーラームーンミュージアム」では年パスは無いそうです。。今回は予約時点で時間帯指定されているので、あのときほどは混雑しないと思いますが(頼むよ運営…)、何度も行こうとするとチケ代嵩みますね…。

展示について

漫画・アニメ・玩具・ミュージカルといった様々な切り口で楽しめた展示でした。

撮影可能エリアはエントランス・エンセレ像・原画コーナー入口(武内先生サイン)の3箇所*8。初期の頃は撮影禁止を示すピクトグラムが判りにくく、「三脚を立てて撮るな」に見えました。4月末に再訪したときはカメラにバツ印のついたシンプルなピクトグラムに変わり、設置数も増えていました。

エントランス

twitter.com

(自分で撮った写真よりプレス写真の方が人の写りこみもなくて綺麗よね…)

入ってすぐ目を奪われるのがエントランス。完全版表紙デザインの原画をバックに、アニメ版5戦士が来場者をお出迎え。その台座には新旧入り交じるグッズの数々が散りばめられていました。モニターには懐かしいスーファミのゲーム画面もw

セーラームーン展描きおろしのセレニティ

壁面には、セレニティ原画の特大タペストリーが。武内先生が本展のために描きおろした、当時の新作です。後日このイラストを使ったスマホケースも発売されました。

エンディミオン&セレニティ像

キング・エンディミオン&ネオ・クイーン・セレニティ

中盤あたりにあるフォトスポット。クリスタル・トーキョーを背景に優しく佇むキング・エンディミオンとネオ・クイーン・セレニティ。

後ろから見たエンセレ

衣装の細部までしっかり作り込まれており、後ろから見ても素敵です。

夜は展望台のガラスに反射するので、六本木の夜景に2人が浮かび上がる写真を撮る…なんてこともできました*9

原画コーナー

原画コーナー入口

武内先生の美しい原画*10を間近で見れるコーナー。

3期に渡り原画の入れ替えがありました。

  • 1期︰4月16日(土)〜5月8日(日)
  • 2期︰5月9日(月)〜5月29日(日)
  • 3期︰5月30日(月)〜6月19日(日)

なかよしの扉絵にもなったセーラーサターンの原画は1期の展示。じっくり目に焼き付けてきました。

ちなみに、今年の「セーラームーンミュージアム」は原画だけでなく全体の内容が入れ替わる(1期は原作第1部&第2部)ようなので、行くたびに隅々まで展示を見ていかないと見落としが起きそうです。

その他の展示物

一般は撮影禁止ですが、プレス記事には少し写っているものもあります。

  • ストーリー年表︰原作第1部~第5部の時系列まとめ(前世の年表も!)

  • 映像︰原作のコマの切り貼り的な動画

  • 歴代単行本&原作Act.1カラー展示︰1話の全ページを彩色!

  • アニメの宣伝ポスター・設定資料︰敵幹部、ザコ敵の設定画も

  • 当時物の玩具

  • アニメの名シーンダイジェスト︰各シリーズの名シーンが1枚のパネルに。無印は45〜46話

  • 歴代カードダス︰番号順に並んで圧巻

  • セラミュ関連(バンダイ版/ネルケ版)︰舞台小道具など

  • 近年の玩具︰フィギュアーツ、プロプリカなど

グッズについて

セーラームーン展オリジナルグッズはほとんどが武内先生の原画を使用したもの。しかもここに挙げきれないくらい、たくさんの種類がありました*11

当時は原画を使った市販グッズというのはほとんど皆無だったので、ついついあれもこれも…と飛びついたのは言うまでもありません。

twitter.com

初日完売騒動

しかし物販の運営はかなりダメダメで、ファンの不満は募っていきました。

六本木エディションのムーンスティックは初日オープンからわずか17分で完売のお知らせ。17分て!展示はそれなりにたくさんあるし、物販ブースってその最後の最後なんですよ。。

Twitterでのお知らせが17分後だったわけで、実際は3分で完売だったそうです。エグい。

anond.hatelabo.jp

twitter.com

初日はこの他にも多数のグッズが次々と完売し、完売報告しかしない公式Twitterのリプ欄は炎上状態になっていました。

物販エリアには明らかに転売ヤーと思われる団体がいたそうですが、それを黙認している状態だったと複数人がTweetしています。他にも物販については多数の問題がありました。

  • 「1会計20点まで」と制限されていたが、何度でも並び直せた
  • 一部のグッズに「お一人様1点」と注意書きがありつつも、それを規制する動きはなかった
  • ブースそばで転売ヤー元締めが雇われ浮浪者たちとやりとりしていたのにスルー
  • 公式Twitterは完売情報以外流さなかった
  • オークションサイトなどで早速高値転売されていた
  • どのグッズが売り切れているかや入荷予定の有無などが客に開示されていなかった

そんな物販でしたが、4月末には仕組みが改善されていきました。

  • 入口にスタッフを配置。チケットにハンコを押して1人1会計とする
  • 人気のムーンスティックとぷちきゃらセレニティはレジで注文、在庫が無くなり次第受注受付(ハガキ配布)に切り替える
  • 公式サイトに全商品の在庫状況・入荷予定リストを開示
  • 全商品リストを物販入口にも掲示
  • 公式Twitterが完売だけでなく次の入荷予定を伝えたり他の商品宣伝もしたり始める
  • 商品の陳列方法を工夫(わかりやすいサンプル展示など)

ちびうさカフェ

展望台内のカフェ「THE SUN」が、セーラームーン展の会期中は「CHIBIUSA Cafe」としてコラボメニューを提供。可愛いフードやスイーツ、ドリンクを楽しめました。

thesun-themoon.com

ドリンクには「チョコラBBジョマ*12」を使用しており、注文するとオリジナルコースターがもらえました。

座席もセーラームーン仕様で、テーブルには10戦士の誰かがアニメイラストで描かれていました。

カフェもだいたいいつも行列ができていましたが、時間によっては待たずにふらっと入れる瞬間もありました。

twitter.com

自身の記録

来訪日

日付 滞在時間 展示 物販 カフェ 3Fショップ
2016/4/15(金) 20:00~21:20
2016/4/16(土) 13:00~13:25 × × ×
2016/4/18(月) 12:15~13:10 × ×
2016/4/28(木) 18:30~19:40 ×
2016/4/29(金祝) 10:40~11:30 × ×
2016/5/25(水) 10:00~11:40 ×
2016/6/11(土) 11:00~15:30 ×

六本木ヒルズへは内覧会も含めて合計7回行きました。といっても初日は3階のあまりの混雑ぶりに、展望台へ向かうことを断念しましたが…

年パス持ってること、会社から六本木ヒルズは割と行きやすいことなどから会社帰りや午後出社前に立ち寄ったりもしてました。

5月と6月でそれぞれ原画入れ替え分を見ました。最後の6月11日だけ友達を誘いました*13が、他は全てぼっち参加でした。

使用金額

チケット・グッズ・カフェ合わせて10万超えてました…

欲しかったグッズの大半は内覧会で確保したので、あとは再入荷したものや会期中に追加された新商品、ノーマークだったけど現物見て欲しくなったものなどをちょこちょこ買い足して行きました。

我ながら物欲の塊となってましたね…これでも買えなくて悔しかったグッズもあったりするのです。。

今年の「セーラームーンミュージアム」ではどのくらいグッズが出るかまだ不明ですが、販売方法や運営管理など前回の反省を生かしてしっかりやっていただきたいですね…

まとめ

長くなりましたが、2016年のセーラームーン展について回顧してみました。少しでも当時の雰囲気を感じてもらえたら幸いです。

あれから6年経って、さらに規模が大きくなった「セーラームーンミュージアム」がやってくるわけですが、展示への期待と混雑への不安が入り混じっております。

来月はセーラームーンミュージアムのレポをお送りします。

*1:5月23日のファンクラブイベントでのおさBU氏の発言より

*2:なかよし復刻版スモール・レディセット

*3:ローチケ限定、新装版コミックス表紙イラスト5種から選べる。こんな感じのモノクロ。

セーラーヴィーナスver.

*4:今年のセーラームーンミュージアムも同じアカウントを利用している

*5:この時期に「美少女戦士セーラームーンCrystal 3rd season」の放送が始まったので、セラクリのフラッグもあった。

*6:実際は開始11日目の2016年4月26日に完売

*7:前売券を持っていても当日券の人同様に列に並ぶ必要がありました。。

*8:この他は物販手前のセラクリ10戦士パネルも撮影可能だった気がする

*9:混雑していると人も写りこんでしまうので、綺麗に撮るのはかなり難しいです。

*10:1期の一部作品は原作サイドの意向でプリント版に差し替えられました。

twitter.com

*11:ただ、図録がないのは意外でした。

*12:現在は製造終了。2016年3月から1年ほど、セーラームーンとコラボしていました。sailormoon-official.com

*13:内覧会でプレゼントされたインビテーションチケットを使用。年パス同様にスムーズに入れました。