ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

ゆるりとねっと。

子供は入場無料!渋谷「NHKスタジオパーク」で3歳娘と遊んだコーナー紹介

先日、渋谷の「NHKスタジオパーク」へ行ってきました!

施設の存在は知っていたものの、中に入るのは初めて。今回は3歳児たちが食いついていたコーナーを中心にご紹介します。


ちなみに私のNHK度(なんだそれ)はこんな感じ↓なので、内容に偏りあることご了承ください(;^ω^)

・連続テレビ小説︰基本見ない。ただし「カーネーション」とミッチーが出ていた「とと姉ちゃん」だけは完走。
・大河ドラマ︰見ない。というか歴史に興味無さすぎて1年間見続けるのが苦痛で見れない。剛くんやミッチーが出ていた作品でさえも完走できず。一番長く見れたのは「平清盛」だった。
・Eテレ平日7~9時台︰産後は見ていなかったが、育休復帰してからは非常にお世話になっている。「みいつけた!」が好き。
・アニメ:「カードキャプターさくら」だけは全部見た。
・紅白:V6が出演した年は見た。
・BS放送︰昔マンションでケーブルTV加入していたときは少し見た。と言っても「ザ少年倶楽部」のV6が出る回ぐらい。

※2018年10月時点の情報ですので、最新情報は公式サイトをご確認ください。

アクセス

位置としては原宿と渋谷の間くらいで、どちらからもそれなりに歩きます。

渋谷駅からバスが便利

渋谷駅から直行バスが30分ごとに出ているので、それを利用するのが一番楽です。

渋谷駅 時刻表 ( NHK[京王] NHKスタジオパーク行 ) | バスナビ.com |京王バス・西東京バス

バス停はマークシティの目の前にあり、8分くらいで到着します。

今までこのバスの存在を知らなかったのですが、ミュージカルやライブで何度も行った「アイアシアター」や「NHKホール」もこれで行けば楽だったのか…と今更気づきました(+_+)

施設詳細

www.nhk.or.jp

  • 営業時間:10時~18時
  • 定休日:毎月第4月曜日
  • 入場料:18歳~64歳は200円で、あとは無料です。「無料公開デー」と呼ばれる日(主に水曜日)は全員無料になります。


バスを降りると外壁に「ガラピコぷ〜」のチョロミー、ムームー、ガラピコが!娘たちはさっそく大はしゃぎしていましたw

f:id:tomo-sankaku:20181016010653j:plain:w300

そういえば館内のどこかでステッカーもゲットしました。

f:id:tomo-sankaku:20181016010730j:plain:w200

娘たちが楽しんだコーナー紹介

いわゆるイベントには参加していないので、常設展示のみの紹介です。

エリアは3つ(A〜C)あり、キッズワールドは最後のCエリアにあります。

スタジオギャラリー(A-02)

私たちが行った時期は連続テレビ小説「まんぷく」の展示をやっていました。

主人公の女性のパネルと撮影できるフォトスポットがあり、娘たちは「まんぷく」のフォトプロップスをなぜか壁にぺたぺた。。

f:id:tomo-sankaku:20181108011757j:plain:w200

どうやら形状的にマグネットだと思ったようですw

メディアウォール(B-03)

たくさんの小さな画面が表示されており、タッチすると懐かしい映像が再生される空間。

映像云々よりもタッチして画面が動くのが面白くて、無駄にタッチしまくっていました。。

NHKクエスト(B-05)

NHKにまつわるクイズに答えるブース。「歌」「キッズ」などいくつかのジャンルに分かれています。

娘は適当に回答を選んで偶然全問正解してましたw

はてなルーム(B-07)

ためしてガッテンとすイエんサーのコーナー。
疑問と答えがバラバラに配置されているので、フロア内で探してみつけます。

隣の「アニメファクトリー(B-08)」も寄ったり、ぐるぐる行き来するうちに娘が一瞬行方不明に。。

どこだ!?と慌てて探すと…


めっちゃガッテンしてる! Σ(゚∀゚ノ)ノ

f:id:tomo-sankaku:20181016010712j:plain:w300

なんかやたらガッテン連打してる音がすると思ったら娘でした…w

クリエイティブラボ(B-10)

この近くにはニュースキャスターなりきりやアニメのアフレコなどの体験コーナー(一部予約制)もありますが、今回娘たちはスルーでした。

ただ、この辺りにあった「音のカード」と「映像のカード」を好きな組み合わせで流せるコーナー*1は面白がってやっていました。

CT-450スタジオ(A-14)

「土曜スタジオパーク」などが放映される実際のスタジオ。私たちが行ったときは何も撮影がなく、自由に入れる状態でした。

画面に映っている自分に大喜びな3歳児たちwカメラ好きだねぇ。

「チコちゃんに叱られる」コーナー

A-14からA-15へ向かう通路に大きなモニターがありました。

「チコちゃんに叱られる!」という番組のアトラクションで、モニターの前に立っているとゲームが始まります。

f:id:tomo-sankaku:20181107020251j:plain:w300

手や体を使って、画面上に落ちてくるシャボン玉を割っていくもので、子供たちは大興奮でしたw

ネイチャーカメラマン(A-15)

f:id:tomo-sankaku:20181107014127j:plain:w200

「ダーウィンが来た!」のコーナーで自分の顔が何の動物に似ているか判定するブースがありました。家族みんなでやってみたところ…

  • 娘→モモンガ
  • 旦那→アライグマ
  • 私→マナティー

f:id:tomo-sankaku:20181107014147j:plain:w150

マ、マナティー…!?( ゚д゚)

キッズワールド(C-16)

いつも元気なワンワンでーす!

f:id:tomo-sankaku:20181016010722j:plain:w300

というわけで、「いないいないばあっ!」のワンワンに見送られて螺旋状の坂を降りるとようやくキッズワールドです。

「おかあさんといっしょ」のスタジオを模したフロアがあり、画面内のよしひさお兄さんとブンバボーン!のバーチャル共演ができます。(この周辺には長椅子があるので親はひと休みできます)

こういうタッチパネルのミニゲームもあります。「ジャストタイム」やったけど難しい…

f:id:tomo-sankaku:20181016010742j:plain:w300

コッシーは実際に座れます。娘たち3歳児にピッタリサイズ。ベンチのベンじいさんも隣にいました。

f:id:tomo-sankaku:20181016010752j:plain:w200

他にも「シャキーン!」「いないいないばあっ!」「みいつけた!」「おかあさんといっしょ」などEテレの人気幼児番組のコーナーがちらほら。ここでだいぶ時間が潰れます。


さらに進むと、美術・芸術系番組のフロア。製作コーナーもあります。

「ノージーのひらめき工房」の製作コーナー。一部だけ線が描かれた紙(数種類あります)を使って自由にお絵かき。

f:id:tomo-sankaku:20181016010802j:plain:w200

娘の作品はこちら。描いた作品は持ち帰ることも、コーナー内のポストに投函することもできます。

「びじゅチューン!」のコーナーがシュール。色々な歌を聴けますが、娘は特に「ツイスト出産」を気に入って繰り返し見てましたw

f:id:tomo-sankaku:20181016010810j:plain:w300

youtu.be

お土産コーナー「スタジオショップ」

NHKキャラクターグッズがたくさんのお土産コーナー。子供たちが大好きなガチャガチャもあります。

また、おじゃる丸や忍たま乱太郎などキャラクターフレームのプリクラ(最近はこういうのプリクラって呼ぶのか?)も。1回600円*2という価格ですが、子供に頼まれるとつい撮ってしまいますね…w

軽食・レストラン「スタジオカフェ」

www.nhk-sc.or.jp

最後はスタジオカフェ。ここはパークに入場しなくても利用することができます。

手前のフードコートエリアと奥のレストランエリアがあり、フードコートエリアではソフトクリームやたこ焼きなどの軽食を販売していました。

まとめ

渋谷のNHKスタジオパークについて、娘たちが遊んでいたエリアを中心に紹介しました。

私はNHK度が低いので本記事では割愛しましたが、朝ドラや大河の資料展示コーナーなど大人も楽しめるエリアもありました。

どの駅からも少し遠いのが難点ですが直行バスが使えますし、子供無料・大人200円で色々遊べるのでなかなかリーズナブル。Eテレ幼児番組、ワンワンやコッシ―などが大好きな子供なら、十分楽しめると思います。

イベント・企画展 | NHKスタジオパーク

グリーティングやイベントなども開催されているので、その日を狙って行くのも楽しそうだなと思いました。


天井いっぱい!おやすみホームシアター ワンワンとうーたん 楽しい1日ディスク

*1:カードの種類はいろいろあり、ネコの映像に「ワンワン」と音を入れる、のようなことができます。

*2:撮った写真のうち1枚は無料でスマホにダウンロードできます。全ての場合は有料です。