ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

相沢瓶人(及川光博)が発したフランス語をまとめてみた #グランメゾン東京

f:id:tomo-sankaku:20191212112602j:plain

ミッチー目当てで見始めた日曜劇場「グランメゾン東京」にどハマりしています。

www.tbs.co.jp

主人公・尾花夏樹がかつての仲間たちとミシュランの三ツ星獲得目指して奮闘する話ですが、尾花をはじめとするメンバーがみな個性的で魅力的です。

及川光博さん演じる相沢瓶人もその1人。「レシピ動画の貴公子」と呼ばれ人気を得ていましたが、のちに尾花にスカウトされ(色々あって)グランメゾン東京で働くことになります。

瓶人さん、正式に仲間入りを果たして以降、チーム内の潤滑油的な側面がちょいちょい垣間見えます。そしてところどころフランス語が飛び出すのもこれまた萌えポイントw

twitter.com

というわけで、これまでに「瓶人さんが発したフランス語」をまとめてみました。

瓶人さんが発したフランス語まとめ

※全員で発した言葉(Oui Chefとか)、及びメニュー名のフランス語は対象外とします。

1話「手長エビのエチュベ」

Tiens︰どうぞ

相沢「Tiens」
尾花「Merci」

パリの「エスコフィユ」で調理中のシーン。尾花に絶妙なタイミングで材料を手渡すさまがカッコいい。

Au revoir︰さようなら

「それでは皆さんも是非♫Au revoir〜♫」

レシピ動画の最後でにこやかに手を振っているのが爽やかです。

Non︰いいえ

「答えはもちろん、絶対にNonだよ」

尾花と倫子が新レストラン立ち上げの勧誘に来るも、きっぱり断ってしまいます。

2話「ナスのプレッセ」

Oui︰はい

相沢「先約があるから無理」
尾花「女か」
相沢「Oui」

レシピ本出版記念イベント*1にやってきた尾花に食事に誘われたときの台詞。

この「先約」というのは愛娘アメリーの保育園お迎えのことw

3話「鹿肉のロティとコンソメ」

S’il vous plaît︰お願いします

尾花「コーヒー飲む?」
相沢「S’il vous plaît♫」

厨房で、行き詰まった倫子が休憩に行ってしまった際、尾花にコーヒーブレイクを持ちかけられるシーン。

ここのやりとり自体アドリブだった*2そうですが、すごくナチュラルでした。

Oui Chef︰ウィ、シェフ!

倫子「相沢さん、コンソメと付け合わせお願いします」
相沢「Oui Chef」

厨房でしばしば聞かれる掛け声。英語のYes,sirみたいな感じでしょうか。全員で言うシーンは他にもありますが、ここは瓶人さん単独で言っています。

ジビエコンクール当日、尾花不在というアクシデントの中で指揮をとる倫子にかしこまりました♪というノリで返事します。

Au revoir(2回目)

「お店の成功、お祈りしてます。Au revoir!」

力を貸すのはメニュー開発だけという契約だったため、オープン前にグランメゾン東京を去る瓶人さん。

精一杯の作り笑いで立ち去る姿がせつない…

4話「モンブランアマファソン」

Relax︰リラックス

「萌絵ちゃん、relax!」

プレオープン当日、参画したてで緊張している萌絵を励ますシーン。こういうさりげない配慮する瓶人さんいいキャラよね…

※このシーンの「Relax」はフランス語として発したかどうか判定が微妙*3ですが、一応入れてみました。

D’accord︰了解

倫子「相沢さん、ウニお願い」
相沢「…D’accord」

プレオープン営業中にトンズラしたgakuのスパイ柿谷。彼の代わりにウニを取ってくるよう倫子に言われたシーン。

Oh là là︰あれまあ!

「Oh là là!これ…処理してない」

ウニを取りに行ったら未処理だったことに気づくシーン。柿谷(というか江藤)の仕業です。。

フランス語で感嘆詞が咄嗟に出るあたり、フランス帰り感がありますw

5話「アッシパルマンティエ」

見どころ満載の祥平回でしたが、意外と瓶人さんのフランス語は出ず。

フランス語関係ないけど、まかないが出たときの「オウ、ウマソウ〜」がツボでしたw

6話「鰆のロースト 水晶文旦のソース」

芹田回も特にフランス語は出ませんでした。

7話「ガレットシャンピニオン」

Ma chérie︰愛しい人

「バイバイ、Ma chérie〜」

一度アメリーのお迎えに向かったけれど、お母さんが引き受けてくれてたので再び店に戻るべくアメリーにバイバイ。

トップレストラン50の審査に向けた準備で忙しく、ばぁばお迎えも増えてきているようです。

Merci︰ありがとう

「Merci」

エリーゼに振る舞うメニュー試作を開始。尾花からバットを受け取るときさりげなく「Merci」と言っています。

Bon appétit︰召し上がれ

「Bon appétit」

メニュー試作中、塩入れすぎだろとツッコむ尾花といやいやエリーゼにはこれくらいがいいのよと譲らない瓶人さん。尾花に味見させますが「ないない…」と意見変わらずw

8話「ビーフシチュー」

「あいつの女性関係だいたい知ってるけど」「告白ぅ!?」「アオハルだねぇ~」など気になる台詞も面白かった8話w

Voilà︰はいどうぞ

尾花「相沢!」
相沢「Voilà」
尾花「サンキュー」

潮へのコース料理提供中、次のメニューに急遽レモンバームを加えることに。尾花に呼ばれる前に既に取りに行っており、すぐさま手渡すところはまさに阿吽の呼吸。

グラグラメゾン東京8話

スピンオフ「グラグラメゾン東京」の8話にも登場。なんか少し中の人っぽさを感じる瓶人さんでしたw

Oh là là(2回目)

萌絵「いやwwフランス帰りはさすがだなぁってww」
相沢「うん、Oh là là〜♫」

片想いの悩みを話して涙する萌絵に、瓶人さんが放ったある一言がツボにハマって爆笑されてしまいます。4話のウニの時と違って、少しおどけた感じのOh là làでした。

ところでこのくだりアドリブなんでしょうか?萌絵が素で爆笑してるように見えるような…w

9話「白子のポッシェ」

Mariage︰結婚/(2つのものの)組み合わせ

「疑っちゃったお詫びに、僕も最高のMariageを生み出す料理を約束するよ」

名探偵カメヒト、栞奈の不審な行動に気づいて疑いをかけるも結局シロだったことが判明し、ソムリエールとして迎え入れた際に謝罪。

Mariageは「結婚」から転じて「異なる2つのものが組み合わさって新たな価値が生まれる」的なニュアンスで使われます。まさに料理とワインの組み合わせがそうですね。

そういえばグラメ完全ガイドでミッチーさん「和気藹々と緊張感のマリアージュ(パチン」って言ってましたねw

10話「キジバトのドゥミ・アンクルート」

謝罪する祥平に激おこ。その後も時々見せる視線が怖い瓶人さん…そんな中、改良版白子のポッシェを試食してぴょんぴょん飛び跳ねる姿は可愛すぎましたw

10話でもフランス語は出ましたが、既出のものばかりでした。そういや「ウマソウ〜」もまた言ってましたねw

Oui/S’il vous plaît(それぞれ2回目)

金井「相沢さん、クスクスお願いします」
相沢「Oui. あっ金ちゃん、モロッコインゲンS’il vous plaît」

調理シーンの何気ないやりとり。

Mariage(2回目)

「Mariage…完成だね…!」

瓶人さんが作った前菜が尾花に認められ大喜び。場面の焦点は倫子と祥平に移りますが、その後ろでワインを飲みながら悦に入る瓶人さんの声がわずかに聞こえました。

Oui(3回目)

尾花「…グリエ頼む」
相沢「Oui」

美優がグランメゾン東京に現れたため、尾花が厨房を離れて瓶人さんに託しました。

Oui Chef(2回目)

倫子「胃袋のグリエ、柔らかめにしといて」
相沢「Oui Chef」

美優へコース料理を提供することになり、美優の体調を元に微調整を図るシーン。8話の教訓から、その後も客一人一人に合わせて提供していることがわかります(実際やったら大変そうですが…)。

Oui(4回目)

尾花「ソースはいける?」
相沢「Oui」

リンダに試食してもらう新商品調理中の緊迫したひとこま。今回Oui多いなw

Mariage(3回目)

「そこから、料理人が生み出す数々の前菜と、ソムリエが選んだワインのMariageとで攻め立てる。魚料理で意識を飛ばし、渾身のメインでねじ伏せる。あとはもうデザートで夢見心地」

京野・倫子とともにフレンチコースについて語り、祥平への説得に繋がるくだり。

twitter.com

↑ミッチーのワンマンショーならまさしくこうですねw

最終話「マグロ」

Oui Chef(3回目)

倫子「できた!マグロに代わる魚料理…みんな、味見してくれる?」
相沢「Oui Chef」

倫子がついにメインを完成させたときのシーン。ここのOui Chefは声だけなのですが、たぶん声の主瓶人さんだよね…?と思いカウントしています。

Oh là là(3回目)

京野「4番様、ご機嫌が少々傾いておられるようでございます」
相沢「Oh là là…」

尾花の説得で再びコースを食べに来たリンダ。リンダの様子を京野が厨房に伝えたときの反応。

Oui Chef(4回目)

倫子「相沢さん、プンタレッラ」
相沢「Oui Chef」

いよいよ三ツ星審査当日になり、直前になってメインをマグロからハタに変えた倫子が各メンバーに指示出しするシーン。

プンタレッラって何?と思ったらイタリア野菜でチコリの一種なんですね。

まとめ

瓶人さん、よくフランス語ポロッと出るなぁと思って見てましたが、あらためて確認してみるとほぼ毎回のように色々言ってましたね。(終盤は既出語が多かったですが)

「グランメゾン東京」、作品の面白さもさることながら瓶人さんのシーンに注目して見るのもとても楽しかったです。

作品全体の感想はまた、別記事で書きたいと思います。

À bientôt!

*1:このシーンで映っている瓶人さんの似顔絵POPが可愛いです。

*2:以下の記事中に「尾花が及川さん演じる相沢に「コーヒー飲む?」と問いかけるアドリブ」とあるのでおそらくこのシーンだと思います
dot.asahi.com

*3:仮にフランス語として発したとして、動詞relaxerの命令形「relaxe!」かな?とも思いましたが「リラックスして!」の意味合いなら動詞se relaxerで「relaxe-toi!」とかになるのか…?てか単に名詞として使ってる気もする…ってそんなに深く考えることではないですね。。