ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

産後ヘルパーサービス「産後ママたすけ隊」に第二子産後をサポートしてもらいました

私は第二子出産後、産後ヘルパーを手配して産褥期を乗り切りました。

利用したのはプレシャスマムの「産後ママたすけ隊」。新生児ケアから家事代行まで、色々サポートしていただきとても助かりました!利用に至った経緯と、実際に利用した感想をレビューします。

「産後ママたすけ隊」とは

premom.jp

「産後ママたすけ隊」とは、株式会社プレシャスマムが運営する産後ヘルパーサービスです。

1時間3000円で「産後ママのケア」「新生児のケア」「上の子のケア」「家事代行」などのトータルサポートをしてもらえます

2019年12月現在、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアがサービス対象となっています。

「産後ママたすけ隊」に決めたきっかけ

プランがシンプル(申し込みまでのハードルが低い)

実家共働き・義実家遠方の我が家では、第二子出産後のサポートをどうしようか検討していました。

その際にメジャーな家事代行/シッターサービスをいくつか調べてみたのですが、

  • 第一子の産後は5年前→記憶が曖昧
  • 5年前は産褥入院→家で何をサポートして欲しいかわからない
  • 初めての2人育児→何が大変になるかイメージできない

そもそも自分に必要なサポートは何か?がはっきりしておらず、どのサービス/プランが自分に相応しいのかもわからない状態。特に自分でシッター/ヘルパーを探して申し込むタイプのものは疲れた頭には色々とツライ。。申し込みの時点でハードルを感じていました。


その点、たまたまみつけた「産後ママたすけ隊」は1時間3000円で最低4時間以上、とシンプルなプラン設定でした。

ママのケア/新生児ケア/上の子ケア/家事代行などまるっと対応してくれるそうで、とりあえずエントリーすればOK。申し込みの時点でどのプランにしよう…と迷う必要もありませんでした。

ベビーバス等を無料レンタルできる

新生児期の便利アイテム、

  • ベビーバス
  • ベビースケール
  • 搾乳器

を無料レンタル(返却時の送料のみ負担)できます。しかも、ヘルパーさんを呼んだ期間以降も3ヶ月ほど借りられます。

ちょうどベビーバスをどこかでレンタルしなきゃな〜と思っていた矢先だったので好都合でした。

「産後ママたすけ隊」の利用方法

申込〜事前面談

公式サイトのエントリーフォームから申込をします。数日後に返信があり、事前面談(任意)の日にちを決めました。

事前面談は自宅にてサービス内容の説明を1時間ほどしてもらいました。色々話していくうちに、

  • 10:00〜14:00の4時間
  • 平日のみ10日間
  • 昼夕の食事作りと沐浴、その他掃除など*1

このような自分なりの希望プランを大まかに決めることができました。

出産後

無事出産したあとはメールで開始希望日を連絡します。

すると日にち・時間・アサインされたヘルパー*2の情報がお知らせされるので、あとは当日を待つのみです。

食事作りを依頼していたので、事前準備は「ある程度の食材を調達しておくこと」くらいでした。何を作るかはヘルパーさんが冷蔵庫の中を見てよしなに決める*3ので、コープや旦那に買い出ししておいてもらいました。

利用開始

いよいよ利用開始。ヘルパーさんが来訪し、その日やって欲しいことを伝えたらあとはお任せです。

いつ起きて泣くかわからない新生児のことを気にせず、心置きなく寝ることができます。私はいつも利用時間のほとんど(10:30〜13:30前後)を寝て過ごしました。

寝ている間に昼夜の食事も完成していて、赤ちゃんの沐浴も終わっている。控えめに言って神か!?と思いました。

支払い

利用料金の支払いは後日まとめて振り込みます(派遣期間終了後に明細書が届きます)。

当初10日間の予定でしたが、もう1日延長を希望したので3000円/時✕4時間✕11日+交通費=約16万ほど。

ヘルパーさんは近所の方ではなかったので、交通費が地味に嵩みました。。

「産後ママたすけ隊」を利用してみた感想

休める時間が保証されている安心感

退院後、これまで通りに家事をやろうとすると色々無理が出てきてしまいます。そんなときにヘルパーさんの手があると、自分は極力身体を休めることに専念できます。

夜中の頻回授乳で睡眠不足になった日でも、ヘルパーさんが来たあとは少し眠れる…と思うとホッとしました

先輩ママさんの優しさ・頼もしさ

「産後ママたすけ隊」のヘルパーさんは先輩ママさんです。私がお世話になったヘルパーさんもお子さんが高校生〜大学生という方でした。

赤ちゃんや私の体調なども気にかけてもらい、必要に応じて乳房ケアもしてくれました。

どの方も優しく、寄り添ってくれる安心感がありました。

充実した美味しい食事

ヘルパーさんお手製の惣菜はどれも美味しく、冷蔵庫の中がみるみるうちに充実していきました。

f:id:tomo-sankaku:20191211141510j:plainf:id:tomo-sankaku:20191211141521j:plainf:id:tomo-sankaku:20191211141534j:plain
充実していくお惣菜

ちょっとレンチンすればすぐに一汁三菜ならぬ「一汁五菜」が用意できる…そんな夢のような環境でした。

また、自分でも旦那でもない第三者が作った料理を食べることで、献立のバリエーションや味付けの工夫など今後の参考にもなりました。

次第に綺麗になっていく家

食器の片付けや洗濯物の取り込みなど今まで何気なくやっていたことも、新生児の世話をしながらだとつい後回しになりがちです。でもヘルパーさんが来るとサラッとこなしてくれるので、やり残しのモヤモヤが解消されます。

ヘルパーさんは4時間の中でテキパキと調理や沐浴を進めてくれるのですが、余った時間でちょっとした掃除・片付けもよしなにやってくれます。初日はキッチンが見違えるほど綺麗になっており、軽く感動しました。

なので、いつかやらなきゃと思いつつやれていなかったクローゼットの整理やおもちゃの片付けをこちらから依頼した日もありました。自分では何ヶ月も後回しにしてきたことが、ほんの数時間で片付くなんて素敵すぎました…!

まとめ

「産後ママたすけ隊」、文字通り心身共に助けられました!

家事育児を一時的にお任せして、1人ゆっくり寝る時間が得られるのは本当にありがたいことです。新生児の夜間対応で疲れているときほどそう感じました。

産後はなるべく無理をせず、こういったサポートを受けながら静養できてよかったなと思いました。

*1:今回は上の子の保育園送迎を旦那とファミサポさんでまかなえたので、ヘルパーさんには新生児ケアと家事代行をメインでお願いしました。

*2:基本的に2人体制でアサインされるようです。

*3:作ってほしいメニューをリクエストすることもできます。