ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

折り畳みパソコンデスクのベストな角度(私の場合)

私はパソコン作業のお供に、折り畳みパソコンデスク「怠けてPCデスク」を使用しています。

元々これは「寝ながらパソコンで仕事したい」という願望を叶えるために購入したものですが、残念ながらストッパーのサイズが合わず「寝ながら」の夢は幻になってしまいました。


↓本格的にやるならここまでしないとですねw

www.bauhutte.jp


しかしながら、「怠けてPCデスク」は普通にパソコンデスクとしてリモートワーク時に大活躍しています。その過程で、様々な姿勢にぴったりのポジションをみつけました。
(あくまで身長152センチの私にとってです。個人差・環境差あります。)

個人的ベストポジションはこれだ!

f:id:tomo-sankaku:20190320005405p:plain:w250
お気に入りの角度(30°/75°/75°)

下から30°/75°/75°で組み立てた図です。キーボードの傾斜は30°が一番自分にフィットします。

座布団に座りながら

f:id:tomo-sankaku:20190315020647j:plain:w300
座布団スタイル

元々は自分のヲタ部屋(椅子なし・ちゃぶ台のみ)で使う用に組んだポジションでした。

この前で正座したりあぐらをかいたりして作業しています。

ただ、長時間座っているとだんだん猫背になってくるのであまり長居はできません。

パソコンチェアに乗せて

f:id:tomo-sankaku:20190315020838j:plain:w300
パソコンチェアと横幅がちょうど合います(雑コラ)

ポジションを変えずに、パソコンチェアにもピッタリはまることにある日気づきました。

座りながら足を自由に投げ出せるのでリラックスして作業ができます。傍目からはちょっと行儀が悪いですが…w

スタンディングで

f:id:tomo-sankaku:20190315021004j:plain:w300
立ちながらスタイル(雑コラ)

また、パソコン部屋のテーブルにそのまま乗せると、スタンディングにもちょうどいい高さになります。

眠い時など、たまに立って仕事をすると気分転換や眠気覚ましになります。

健康的な姿勢とは限りません

というわけで、折り畳みパソコンデスクのお気に入り角度の紹介でした。

最近のリモートワーク時にはスタンディングとパソコンチェア乗せを交互にやっています。

特にパソコンチェア乗せは画面が近くに来るので、ほどよい没入感が得られてとても快適です。

ただ、これは決して健康的な姿勢とは限りませんのであしからず…。