ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

ブログ記事がTwitterでシェアされたことをエゴサする方法

f:id:tomo-sankaku:20200205004615p:plain

好きなことを気の向くままに書いているこのブログですが、やはり読者の反応は多かれ少なかれ気になるものです。

このブログのGoogleAnalyticsデータを見るに、SNS経由*1流入はほとんどTwitterからです。自分が更新のお知らせでTweetすることが大半ですが、有り難い事に読んでくれた方が記事をシェアしてくれることも稀にあります。そんなTweetをみつけて密かに喜びたい…以前からそんな願望がありました。そうですエゴサです。


www.yururito.net

以前書いた「ヲタ活のための情報収集」という記事で、特定条件に合致するTweetをSlackに通知する方法を「WS情報収集」の項で説明しましたが、やり方は全く同じです。

ただ、ブログのエゴサでは目的のTweetをみつける検索クエリがうまく行っていませんでした。そこがようやく解決したのでメモとして残しておきます。

全体の手順

Twitter、Slack、IFTTTを使い、以下の作業を行います。

  1. Twitter︰目的のTweetを絞り込むクエリをみつける
  2. Slack︰通知させたいチャンネルを用意する
  3. IFTTT︰
    • ifをTwitterトリガーの「New tweet from search」にし、1.のクエリを設定する
    • thenをSlackアクションの「Post to channel」にし、通知先を2.のチャンネルに設定する

「IFTTTでSlackに通知」をわざわざしなくてもいいよ、という場合は2.3.は不要です。Twitter検索で1.のクエリに「この検索を保存」さえしておけば充分*2でしょう。

f:id:tomo-sankaku:20200115124513j:plain:w300

Twitterクエリをみつけるのにひと苦労

探したいTweet、今回の場合は「特定ドメインの記事URLを含む自分以外のTweetですが、その検索クエリをみつけるのにてこずりました。

以下つらつらと経緯を説明しますが、最終的にIFTTTに設定したクエリはこちらになります。

url:yururito*net -from:yururitonet -from:3865oiseau_bleu

URLで部分一致検索がうまく行かない

このブログのURLはhttps://www.yururito.net/なのですが、

https://www.yururito.net/

www.yururito.net

yururito.net

いずれの場合もうまくヒットしませんでした。一番上の例だとブログトップをTweetしたものだけヒットしますし、「https://」を除いた二番目・三番目の例だと該当なしです。ドメイン名そのままでOKという記事もいくつか見かけたのですが、なぜかうまくいかなかったのです

かといってyururitoだけにすると他のドメインまで引っかかるので微妙なところ。。


結局URL検索は諦め、暫定対応としてシェアボタンを押したときに載るブログ名を完全一致で拾うようにしていました。

"ゆるりとねっと。"

ただ、これだとURLのみ記載したTweetをみつけることはできません。まぁ無いよりはマシなので、しばらくこれで運用していました。

「url:」オプションでURL検索ができた!

その後こちらの記事をみつけ、どうやら「url:」オプションをつけると良さそうなことを知りました。

webllica.com

しかしurl:yururito.netではダメで、ドットをアスタリスクに置き換えた形でようやくヒットしました。

url:yururito*net

「-from:」オプションで自分のTweetを除外

自分のアカウントによる宣伝Tweetはノイズになるので除きます。私の場合2つのアカウントが記事のTweetをしているので、共に除外しました。

url:yururito*net -from:yururitonet -from:3865oiseau_bleu


これで、自分以外のアカウントがシェアしてくれたTweetを拾えるようになりました。

はてなブログ公式さんにこうしてシェアされたときもすぐ気づけます。

twitter.com

ブログをエゴサして反響を把握しよう

Twitterでシェアされたブログ記事のエゴサ方法について書きました。

どんな記事がシェアされどういった反応をしているのか、Twitter検索で手軽に知ることができるのでとても便利です。また、Slackに通知すればシェアされたタイミングでキャッチする*3ので、いいねやリプライ・RTで素早く反応する*4ことができたり、改善のヒントを得られるようになります。

*1:Google流入がほとんどなので、全体としては微々たる数ですが…

*2:ただ、プッシュ通知にしておけば、Twitterを無駄にダラダラ見てしまうことも多少防げると思いますw

*3:多少のタイムラグはありますが

*4:チキンなのでたいていは無反応ですが、たまに嬉しいコメントもらったときはいいねやRTすることもあります。