ゆるりとねっと。

ヲタママエンジニアが興味の向くままに書く雑記ブログ

ゆるりとねっと。

ヲタ活のための情報収集〜全部Slackに集めよう〜

好きな俳優・アーティストやアニメなどの最新情報を得るとき、どのように情報収集していますか?

今はニュースサイトやアプリ、SNSなど様々なWeb媒体を通してたくさんの情報が溢れています。

ただ、日々の生活が忙しいのでずっとそこに貼り付いているわけにもいかず、

  • 推しの活動が活発すぎて追いきれず、興味ある情報を取りこぼす
  • 推しの活動が静かすぎて、久々に出た情報を見逃してしまう

といった悲しい事態も引き起こしがちです。。

そこで今回は、私が普段愛用しているSlackを使った情報収集方法を紹介します。

f:id:tomo-sankaku:20180907114033p:plain:w400

ちなみに私は2次元・3次元合わせて6つの推しを追っている、アニヲタ兼ジャニヲタ兼ベイベーです(忙しいw)。

  • 森田剛(V6)
  • 及川光博(アーティスト、俳優)
  • 美少女戦士セーラームーンシリーズ
  • 少女革命ウテナ
  • カードキャプターさくらシリーズ
  • プリキュアシリーズ

全部Slackに集めよう

Slackってなんぞや!という方はこちらもご覧ください。一言で言うなら「いろんなことができるチャットツール」です。

www.yururito.net

ココがいい①︰目的別チャンネル分け

Slackは「チャンネル」と呼ばれる、チャット部屋*1を作ることが自由にできます。

推しや目的毎に専用チャンネルを立てることで、それぞれの情報を振り分けることができます。

f:id:tomo-sankaku:20180905005035p:plain:w200

私の場合、前までは全部1つのチャンネルにまとめていましたが、最近は推し毎に分けています。

ココがいい②︰アプリ連携

Slack自体も様々なアプリ連携機能を持っていますが、それに加えてIFTTT(イフト)やZapier(ザピアー)などの「サービス同士を繋げるWebサービス」を使えばさらに活用の幅が広がります。

  • Twitterで特定アカウントがつぶやいたらSlackに通知させる
  • Googleカレンダーの通知をSlackに流す
  • Gmailで特定のメールが届いたらSlackに通知させる

このようなこともプログラミング無しで簡単に連携できます。

ココがいい③:リマインダー機能

  • 円盤の発売日
  • チケットの発売開始日
  • グッズの注文締切日
  • ゲストで出るテレビ番組の放映日

などなど、ヲタ活には色々な期限がつきまとうので、必要な情報をみつけたらすぐにリマインダーを仕込みます*2

f:id:tomo-sankaku:20180203181838p:plain:w400

ココがいい④︰未読位置が明確

どこから読んでいないかが赤線で示されるので、時間ができたときにまとめてチェックすることが容易です。

f:id:tomo-sankaku:20180204111403p:plain:w500

収集方法

Twitter連携

Twitter連携はSlack/IFTTTなどやり方はお好みで。詳しくは以下の記事を参照してみてください。

qiita.com

  • FC公式
  • アニメ公式
  • 映画公式
  • イベント公式
  • メイン司会/レギュラー出演している番組公式
  • 非公式でも情報共有用に作られているアカウント

このようななるべくノイズの少ない、欲しい情報を呟いているアカウントを選んで流すといいと思います。

WS(ワイドショー)情報収集

さらに、3次元を追いかけている場合は

  • イベント開催/ゲスト登壇
  • 新CM
  • 新曲PV解禁
  • ライブ開始/終了
  • 番宣

などなど、イレギュラーな出演(映像のみ・新聞のみ含む)が発生するため、朝夕の情報番組チェックも欠かせません。

最近では多くの番組公式アカウントが翌日の出演情報を呟いてくれるので、昔*3よりもだいぶ探しやすくなりました。

WSチェックに関しては、推し用とは別のチャンネルを立てています。

ここで先述のIFTTTを使い、Twitterの検索条件を適用した形にすれば、「特定アカウントが特定キーワードをつぶやいた場合」のみ通知できるようになり、ノイズがぐっと減らせます。

f:id:tomo-sankaku:20180907114923p:plain:w400

RSS連携

get.slack.help

SlackがRSSリーダーにもなります。

公式サイトやブログなど、チェックしているサイトのRSSを登録しておけば最新情報を追うことができます。

また、エンタメニュースサイトだとノイズが多くて…という場合は、Googleアラートで登録した特定キーワードのRSSをSlackに流せば快適*4です。やり方は以下の記事を参照してみてください。

qiita.com

Gmail連携

Gmail連携もSlack/IFTTTなどやり方はいろいろありますが、IFTTTで時々動作が不安定だったので私はSlackで設定しています。

get.slack.help

Slackのemail連携で、特定のチャンネルに投稿されるSlack用メールアドレスを発行し、それをGmailのフィルタ設定で対象のメールの転送先に指定します。

すると、メールが届いたときにSlackにこんな風に通知されます(クリックで本文もインライン表示されます)。

f:id:tomo-sankaku:20180908092750p:plain:w400

情報メルマガがあるV6、セーラームーンはこれらの設定を入れています。

まとめ

今回は私が普段やっている、Slackを使った情報収集方法についてまとめてみました。

内容がヲタ活向けではありますが、集める情報が何であれ使えるやり方なので、ぜひ参考にしてみてください。

*1:チャンネルはメンバーが1人でも問題ありません。

*2:最近はこのあたりのリマインドをHabiticaでやっていることが多いですが、それはまた別の機会に書きます。

*3:昔は全く手がかりがないため、推しの活動スケジュールから100%予想のもとでいくつかの情報番組を録画予約していました。それに比べるとTwitterはかなり便利です。

*4:場合によってはゴシップニュースサイトが拾われることもあるので、ノイズが全くないわけではありませんが…w