ゆるりとねっと。

ヲタクなワーママのゆるゆる雑記ブログ

セラミュ2021「美少女戦士セーラームーン かぐや姫の恋人」鑑賞レポ&感想(ネタバレあり)

2020年1月以来、久しぶりの観劇です。

コロナ禍第5波でどうなることか心配でしたが、無事に幕が上がってよかったです。

「美少女戦士セーラームーン かぐや姫の恋人」

公演情報

f:id:tomo-sankaku:20210907094728j:plain:w300
かぐや姫の恋人

脚本・演出三浦 香
キャスト田中梨瑚 前川歌音 小林れい 松村キサラ 牧野真鈴
寺田真珠 木下綾菜 南 千紗登 井手柚花
小林百合香(Wキャスト) 鎌田英怜奈(Wキャスト)
MARISA 櫻井佑音/沖 なつ芽 玉井七海
小泉もえこ 匂坂あゆ美 長澤綾乃 平野裕理 森本さくら 柳田英理
岡村さやか
蒼羽りく
期間2021年9月3日~2021年9月12日
場所天王洲銀河劇場
公式サイトステージ:ミュージカル:美少女戦士セーラームーン 25周年プロジェクト公式サイト
公式Instagramhttps://instagram.com/sailormoon_musical


「かぐや姫の恋人」といえば、1994年に発表されたセーラームーン第三部のスピンオフ的作品。ルナの淡い恋を描いたストーリーです。

ほぼ同時期に公開された「劇場版美少女戦士セーラームーンS」の原作漫画であり、今回が初の舞台化となります。

上演場所は天王洲銀河劇場。天王洲アイル駅からすぐの天王洲シーフォートスクエア2階にあります。

f:id:tomo-sankaku:20210907094753j:plain:w300f:id:tomo-sankaku:20210906173419j:plain:w300
天王洲シーフォートスクエア内にある銀河劇場

ちなみに、道路を挟んで真向かいにあるスフィアタワー天王洲は外観が「無限学園」のモデルになっており、いわば"聖地"の1つです。

9/5昼公演(4公演目)

コロナ禍での開催

元々は2020年上演予定だった*1ものの、コロナ禍で延期になっていた本作品。デルタ株が猛威を奮う第5波の真っ只中でしたが、無事に幕が上がりました。

マスク着用・検温・アルコール消毒はもちろん、セルフもぎり、規制退場などの感染防止対策が行われており、会場内ではスタッフがしきりに私語厳禁を呼びかけていました。そのため待機中はとても静かでした。

席間隔は空いているところもあれば1列びっしりなところもありました*2。私達の隣はたまたま空いていました。

長女のミュージカルデビュー

今回は長女と2人で観に行きました。ショーレストランに行ったことはあるものの、劇場でミュージカルを観たのはこれが初めて。もう6歳ともなるとおとなしく鑑賞できるものですね…なんの心配もなく舞台に集中できました。

私は前日に原作漫画を読み返しましたが、長女はまっさらな気持ちで観たいからと初見で観ました。ミュージカルを観終えたあとすごく面白かったと興奮気味で、ミュージカル女優に少し興味を持ったようです。

物販は既にネット購入していたので会場では買わないつもりでしたが、長女の希望でルナのアクスタを購入。当初の目的だったリングライトは会場販売しておらず残念…

ちなみに長女はメゾピアノのコラボワンピースを着て、セラストで買ったルナぬいぐるみを抱いていたのですが、会場内で同じワンピースの子とすれ違いましたw

座席

A席でチケットを取ったところ、3階の最前列でした。しかも割と中央なので見やすかったです。

が、座ってみると目の前の手すりが邪魔…前のめりはできないので、気持ち後ろにずり下がりました。。

舞台中央に円形のスクリーンが映し出されており、開演まではセーラームーン関連の告知情報が出ていました。

ミュージカルの感想

皆さん歌が上手く、原作の世界観も忠実に再現しており、思った以上に満足度が高かったです。もう一度観たくて、千秋楽の配信チケットも買ってしまいました。

ルナが可愛い!!

いやもうホントこれに尽きるんですよ。ルナが主役のスピンオフですから当然ではあるのですが…

櫻井佑音さんの猫としての立ち振舞いが可愛く、翔に対して恋心を抱き始めるところなど原作の名シーンをとても丁寧に表現していたと思います。翔と姫子のキスを見てしまって立ち去るところとか、もう、せつない~~~!

どうして人間じゃないんだろうと悲しむところでちらっと猫の影が映る演出、すごくよかったです!

凍てついた9戦士に力を与えるように歌い出すソロ、めちゃくちゃ上手くて震えますね…あのシーン大好きです。

人間ルナのMARISAさんに変わってからも(出番は短いけど)よかったですね…クライマックスシーン、漫画のコマが目に浮かぶようでした。「…大好きよ あたしの宇宙少年(スペースマン)」もちゃんと言ってくれたし。

スノーカグヤが圧巻

twitter.com

そして今作の敵キャラ、プリンセス・スノー・カグヤを演じた岡村さやかさんも魅力的でした。

やっぱりラスボスが圧倒的だと舞台全体が引き締まる気がします。

結構スノーカグヤの歌好きでしたね…曲名わかんないけど何曲か気に入ったのあるのでサントラ出さないかな。。

アルテミス問題は杞憂だった

キャスト一覧を見てアルテミスいないじゃん!と思ったのですが杞憂でした。

原作ではいくつかアルテミスのシーンがあるのにその辺どうするんだろうと思っていたら、何かと話題にはされたり、ちびうさ&衛が代行したりで「存在している」ことは表現されていました(ダイアナはスルーだった気もする)。

ただ、ラストシーンではちょろっと姿が登場しましたねw

【ネタバレ】原作との違い

たぶんこんな感じですかね。ほとんど話の筋には影響がない範囲での変更でした。

千秋楽配信見たらあらためて確認してみようと思います。見たので少し加筆しました。

  • オープニング「You're my universe」(ここ好き)
  • 誕生日パーティー、まこと・美奈子だけでなくせつなも入れてくれている(確かにそうよね)
  • 美奈子の「夫婦げんかはキリンのおさしみ」のあと歌中(美奈子の新曲)で「犬も食わない」とフォローが入る
  • まことが「アルテミスと仲直りしたのかしら」というくだり
  • ルナの名前当て、翔の方からヒントくれと言う
  • 「世界はなんて美しいのかしら」割愛
  • 翔が有休をとるくだり、ルナが飛行機に乗るくだりがない(飛行機音のみ)
  • 姫子が翔の病名を知るシーン割愛
  • 美奈子に「未来はいくらでも変わるんだから」と言われショックを受けるのがアルテミスではなくまもうさ
  • 後半開幕後の姫子ソロ
  • うさぎが変身ペンを使うくだりがない
  • スノーカグヤに襲われた翔のもとに駆けつけたのはムーン単独ではなく5戦士(美奈子がおちゃめで可愛いw)
  • 5戦士のピンチをタキシードが助けるくだり、「愛の力が氷を溶かす」
  • ルナがしゃべったことに驚く姫子のリアクションが原作よりもテンパり気味だったw(信じて、と言われてもねw)
  • サターンがいる。外部がスノーカグヤにやられたときにサターンが打開する。
  • スノーカグヤが外部に対し「侵入者はお前らだ」と言う
  • ルナに金平糖を渡すのはアルテミスではなく衛・ちびうさ(アルテミスに依頼されたという体で)
  • 助けた翔を病院に連れて行くのは外部ではなく衛・ちびうさ
  • そのため、内部だけではなく外部もスノーカグヤの攻撃で凍てつく(ウラネプのセリフが若干蛇足な気もしたけど)
  • ルナが自分でリボンを外す(握りしめる)
  • ちびうさがルナを人間にしてと頼むシーンに内部・外部はいない→人間ルナになったとき全員揃う
  • 全体を通してダイアナはいない
  • アルテミスほぼ出ない。ラストにシルエットだけ登場

まとめ

ファンミーティングのお披露目時はどうなることかと正直不安もあった今作でしたが、蓋を開けてみたらみんな歌も演技も素晴らしく、とてもいいものを観れた気がします。

初日ダイジェスト映像も公開されました。

*1:sailormoon-official.com

*2:8/20時点で定員の50%を満たしている公演はチケットの新規販売を終了したので、座席位置のばらつきがあったのかもしれない。 sailormoon-official.com